ホーム » 頭皮 » 頭皮のかさぶたができる原因とは?

頭皮のかさぶたができる原因とは?

頭皮のかさぶたができる原因は、色々ありますが、よくあるのが、脂漏性皮膚炎です。多量に分泌された皮脂によって起きます。頭皮は皮脂腺の分布の多い箇所なので、かなり活発に皮脂が分泌されています。皮脂は雑菌のエサになり、雑菌の分解物で炎症を起こすことになり、それがニオイやフケの原因になります。
頭皮のかさぶたは、頭皮に皮脂汚れが残っているとできます。正しく頭皮を洗う必要があります。かさぶたができないようにするには、しっかり洗い、頭皮にへばりついた皮脂や汚れをきちんと洗い流すようにしないといけません。シャンプーやリンスによる接触性皮膚炎も、頭皮のかさぶたができる原因になります。シャンプーによって接触性皮膚炎が発生すると、かさぶたができるので、よくすすぐようにしないといけません。頭皮のかさぶたができてしまった時は、かさぶたは絶対に掻かないことです。そして、洗髪時には刺激の少ないシャンプーを使用するようにし、優しく、適度に洗いようにします。食生活を改善して、皮膚の代謝を促して回復を助けるビタミンBやビタミンCを積極的に摂取することも大事です。

頭皮かさぶた