ホーム » 頭皮 » 慢性的な頭皮の湿疹はどのような原因があるの?

慢性的な頭皮の湿疹はどのような原因があるの?

慢性的な頭皮の湿疹はどのような原因があるのかというと、シャンプーやリンス、化粧品、整髪料などの化学成分による刺激があります。普段から刺激の強い化粧品などを使用していると、慢性的な頭皮の湿疹を招く可能性が高くなります。家族にアレルギー体質の人がいる場合も原因の一つで、同じ症状が出ている可能性もあります。
生活環境も原因の1つであり、例えば、ハウスダスト等のチリやホコリ、雑菌、カビ等の生活環境にあると、慢性的な頭皮の湿疹に陥る可能性があります。汗やアカ、乾燥、汚れなどの肌にまとわりつく刺激も関係していて、アレルギー物質が体内に入ったり、触れたりするのが原因になることもあります。慢性的な頭皮の湿疹は、脂漏性皮膚炎の疑いもあります。脂漏性皮膚炎の原因としては、マラセチア菌の増殖、ビタミンB1,B2の不足、ホルモンバランスの乱れ、アルコール、ストレスなどが考えられます。それと、普段から、シャンプーやリンスの過度な洗浄力による皮脂の除去も懸念されます。シャンプーやリンスをし過ぎると、頭皮の皮脂を必要以上に除去してしまいます。そうすると皮脂量が本来よりも多く分泌されることになり、結果的にマラセチア菌の増殖を助けする形になってしまうのです。

頭皮乾燥予防